加入すべき保険

自動車を持っている

自転車保険はその昔、どの保険会社も同じ補償と保険料で提供していました。そのため、何処の保険会社で契約しても差はなかったのですが、自転車保険の自由化が始まってからは各社で様々なサービスを開始、他と差をつけて顧客獲得に乗り出したのです。 それを受け、現在はカーオーナーに合わせた保険を各種用意しており、その中から自分で自転車保険を選べる時代になっています。 補償内容を充実させつつも保険料を抑えて契約するというのが今のトレンドですので、保証の充実=保険料の高さではありません。自分にあった自転車保険を見つけて、損をしない契約をするようにしましょう。 ただ、そうなってくるとオーナー自身が自転車保険に関する具体的な知識を持つことも必要になってきます。

実際に事故を起こしてしまった時、自転車保険はどのように使うのでしょうか。契約はしているけど、どうやって利用したらいいのか分からないという方が意外と少なくありません。 まず、契約方法によって使い方は変わります。もし、代理店を介して契約をしているのなら、代理店担当者に連絡を取って事故を起こした旨を伝えることで動いてもらえます。対して代理店を介さずに保険会社と契約をしているのなら、保険会社に直接連絡を取ることになります。 いずれにしても代理店や保険会社の担当者の指示に従うことになるため、連絡が取れれば後は大きな問題はないでしょう。しかし、その担当者が誠実でないとトラブルにも繋がりますので、契約時には補償や保険料の他に保険会社の質も確認することが大切です。